鮫島彩、雪の中での“笑顔満開トレーニングショット”投稿 「こんなに降ってると楽しくなっちゃう」

大宮Vに所属するDF鮫島彩【写真:高橋 学】
大宮Vに所属するDF鮫島彩【写真:高橋 学】

雪が降ったなかでのチームトレーニングで笑顔

 日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」に参戦している大宮アルディージャVENTUS(大宮V)のDF鮫島彩が自身の公式インスタグラムを更新。雪の中でトレーニングを行ったことを明かし、笑顔の写真をアップしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 鮫島は2011年になでしこジャパンが女子ワールドカップで優勝した時のメンバーで、長年にわたって女子サッカー界を牽引してきた。WEリーグ初年度はここまで開幕節にフル出場後、3試合ベンチ入りが続いたが、10月10日のリーグ第5節サンフレッチェ広島レジーナ戦で先発復帰を果たし、その後は一時延期となった第11節ジェフユナイテッド市原・千葉レディース(1-1)までスタメンに名を連ねた。

 3月6日の第12節ノジマステラ神奈川相模原戦で後半戦がスタートするなか、鮫島は2月10日にインスタグラムを更新。「久々に雪の中での練習。こんなに降ってると楽しくなっちゃう」と3枚の写真をアップした。

 関東ではこの日朝から雪が降り、うっすら白くなったグラウンドで練習したようだ。雪まみれのサッカーボールを笑顔で持つ鮫島の姿やカメラ目線のショットも収められており「楽しくてもボールはちゃんと見よう。カメラじゃなくてボール見よう。集中」とコメントしていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング