4戦連続ゴールの伊東純也、首位サウジ撃破へ安堵 ラスト2戦へ「W杯出るのは簡単じゃない」と決意

1ゴール1アシストで勝利に貢献したMF伊東純也【写真:Getty Images】
1ゴール1アシストで勝利に貢献したMF伊東純也【写真:Getty Images】

ホームでグループ首位・サウジアラビアと対戦し2-0勝利

 日本代表(FIFAランク26位)は2月1日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第8節でサウジアラビア(同51位)と対戦し、2-0で勝利した。後半5分に追加点を奪うなど、全得点に絡んだMF伊東純也は「自分のゴールで勝てたのは嬉しい」と安堵の表情を見せた。

 日本は、1月27日に行われた第7節中国戦(2-0)と同じメンバー11人が先発。互いにチャンスを探るなか前半32分、右サイドを抜け出した伊東がクロスを送ると、中央でFW大迫勇也がスルーし、こぼれ球を拾ったMF南野拓実が左足で先制ゴールを決めた。

 さらに後半5分、相手ペナルティーエリア手前でボールを拾った伊東が、右足を一閃。強烈な一撃がゴール左上へ突き刺さり、日本に追加点をもたらした。伊東は、これで最終予選4試合連続ゴール。試合後のフラッシュインタビューでは「思い切って打ったら、良いところに行きました。自分のゴールで勝てたのは嬉しいし、チームが勝てたのが一番嬉しい」と率直な思いを語った。

 日本はこれで最終予選5連勝。グループ首位のサウジとは勝ち点1差へ肉薄した状況となったが「W杯やっぱり出るのは簡単じゃないけど、絶対に出なければいけないと思っているので、一戦一戦勝ってしっかり決めたい」と、3月に行われるラスト2試合へ気を引き締めた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング