南野拓実、リバプール退団説が再浮上 オファー拒否から一転…受け入れの可能性を海外指摘

リバプールの日本代表FW南野拓実【写真:AP】
リバプールの日本代表FW南野拓実【写真:AP】

ポルトFWディアスの獲得間近、オファー受け入れの可能性を海外報道

 リバプールの日本代表FW南野拓実にはリーズ・ユナイテッドとモナコからのオファーが伝えられていたが、クラブはこれを拒否したと報じられている。しかし、FCポルトからコロンビア代表FWルイス・ディアスの獲得に近づいたことで状況は一転し、南野とFWディボック・オリギへのオファーを受け入れる可能性が浮上しているという。スポーツ総合メディア「The Athletic」が報じた。

 英衛星放送局「スカイ・スポーツ」によれば、今季プレミアリーグでは出番が少ない南野に対してリーズとモナコの2クラブがアプローチをかけたものの、リバプールはオファーを拒否したという。活躍の場はカップ戦が中心とはいえ、今季18試合で6得点を挙げている日本代表FWを放出する意志はないかに思われた。

 そうしたなかで、リバプールはポルトからコロンビア代表FWルイス・ディアスの獲得交渉が進展。「The Athletic」は移籍金4500万ユーロ(約58億円)+1500万ユーロ(約19億円)のアドオンを支払う条件で合意したと伝えている。ディアスは現在代表に招集されているため、今週末にもアルゼンチンでメディカルチェックを受け、その後に長期契約にサインする見通しだという。

 前線の新戦力加入が決定的となったことで、南野とオリギの2人へのオファーも検討されるという。オファー次第では南野やオリギが退団する可能性が再び浮上している。

 移籍市場閉幕目前に動きを見せたリバプール。南野は昨季、冬の移籍市場でサウサンプトンへ期限付き移籍を果たしたが、今年も新天地を求めることになるのだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング