今季限りで契約満了となるビッグネーム14選 ムバッペらフランス代表戦士の行方は?

(左から)バルセロナFWウスマン・デンベレ、パリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ、ユナイテッドMFポール・ポグバ【写真:Getty Images & AP】
(左から)バルセロナFWウスマン・デンベレ、パリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ、ユナイテッドMFポール・ポグバ【写真:Getty Images & AP】

今季で契約満了の選手たちをピックアップ

 英サッカー情報サイト「Squawka」が、今季限りで契約満了となり、シーズン終了後にフリーで獲得できる選手たち中でも特に注目すべき選手をピックアップしている。当該選手たちは他クラブと話し合いの場を持ち、事前契約に合意したりすることができる状況。過去に高額な移籍金で注目されていた選手たちの名前も挙がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

■ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/フランス代表MF)

 2016年にユナイテッドに再加入した際に結んだ6年契約は、最後の6カ月に突入。本拠地オールド・トラッフォードでは良い時も悪い時もあったが、今季のプレミアリーグ開幕時に4試合に出場して7アシストを記録したことからも分かるように、チームにフィットすることができれば質の高い選手であることには変わりはないだろう。

 ラルフ・ラングニック暫定監督は、練習に復帰したポグバについて「彼は自分がどんな選手になれるか全世界に示したいと思っている。たとえそれが、ほかの場所で新しい契約を結ぶために姿を見せるためであっても、彼はそのために高いモチベーションを持つだろう」と語っている。

■ウスマン・デンベレ(FCバルセロナ/フランス代表FW)

 デンベレは2017年にボルシア・ドルトムントから大きな期待を背負ってバルセロナへ移籍をした。バルセロナに加入後は怪我に悩まされることが多く、本来のポテンシャルを発揮できずにいる。

 バルセロナのフットボールディレクターであるマテュー・アレマニー氏は、「最新の契約オファーを拒否したデンベレは“即刻”クラブを去らなければならない」と語っており、今月中に移籍が実現する可能性が高まっている。

 アレマニー氏はデンベレに対して、「我々は、選手たちにプロジェクトに専念してもらいたいので、すぐにクラブを去るようにと、彼と彼の代理人に伝えた」と語っている。

 一方のデンベレは、自身の公式インスタグラムで「僕がプロジェクトから外れたと思わないでくれ。僕が持っていなかった意図について語らないでくれ。僕には契約があるし、シャビのために利用できるんだ。諦めるつもりはない」と発信しており、デンベレ自身にはバルセロナでプレーをする意思はあるようだ。

■アントニオ・リュディガー(チェルシー/ドイツ代表DF)

 リュディガーは、チェルシーが契約満了により今夏失う可能性のある4人のDFのうちの1人であり、多くのクラブが獲得を望む選手になる可能性があるとされている。

 昨年5月のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献し、今季も守備陣が負傷に苦しむ前に、素早いスタートを切っており、まさに絶好調である。そして、レアル・マドリードを含む多くのクラブが彼に注目していると報道されている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング