青森山田・松木玖生はプロで活躍できるか 古川陽介との違い、成功の鍵と最低条件とは?

FC東京で求められるマインドシフト、ビジョンの構築は不可欠

 成功の鍵は「ボールを愛する」とアルベル監督が表現するスタイルのなかで、良いポジションを見つけていくビジョンの構築だ。

 長谷川健太前監督から大きく変わるスタイルには経験のある選手たちもしばらく、良くも悪くも戸惑いながら1つ1つ課題をクリアして、完成度を上げていくことになる。そのなかで松木はプロ基準の適応と新しいサッカーの適応を同時に進めていかなければならない。

 パスやキックの正確性に疑いの余地はないが、これまではコンタクトの強さなどを生かしてボールキープできていたところからマインドシフトして、チーム全体の設計を意識しながら、相手に触らせないで捌けるように、ポジショニングをディテールまで意識していく必要がある。

 もちろん局面でフィジカル能力を生かすことは有効だが、高校年代のようにはまずいかないだろうし、何よりアルベル監督のスタイルはポジショニングや周囲との距離感が生命線になるので、少なからずマインドシフトは求められる。

 幸い松木はアンダーカテゴリーの代表で個人戦術の部分はかなり高い基準で指導されているので、比較的埋めやすいはずだが、周囲の選手も新しいサッカーのなかで、しばらく試行錯誤することは松木にとってもハードルの追加要素になり得る。

河治良幸

かわじ・よしゆき/東京都出身。「エル・ゴラッソ」創刊に携わり、日本代表を担当。著書は「サッカーの見方が180度変わる データ進化論」(ソル・メディア)など。NHK「ミラクルボディー」の「スペイン代表 世界最強の“天才脳”」を監修。タグマのウェブマガジン「サッカーの羅針盤」を運営。国内外で取材を続けながら、プレー分析を軸にサッカーの潮流を見守る。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価