槙野智章、15歳からの盟友・柏木との「お寿司ランチ」ショットにJリーガー反応「だいすき」

岐阜MF柏木陽介と神戸移籍のDF槙野智章【写真:ⓒKaz PhotographyFC GIFU & Getty Images】
岐阜MF柏木陽介と神戸移籍のDF槙野智章【写真:ⓒKaz PhotographyFC GIFU & Getty Images】

「15歳から一緒」の柏木とお寿司ランチで刺激

 J1ヴィッセル神戸に移籍した元日本代表DF槙野智章が、自身の公式インスタグラムを更新。20年近い付き合いの元日本代表MF柏木陽介(FC岐阜)と「お寿司ランチ」に繰り出したことを明かしている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 槙野は10シーズン在籍した浦和レッズを昨季限りで退団し、昨年12月に神戸へ完全移籍。オフシーズンも積極的にSNSを更新しており、最新の投稿では「陽介とお寿司ランチ」と記し、笑顔の2ショットを添えている。

「俺たちまだまだやってやろうぜ! 元気もらった。そしてご馳走になりました! ありがとうなー」

 2人は同じ1987年生まれで、サンフレッチェ広島のユース時代から、広島のトップチームで4年間、浦和で8年半共闘してきた盟友。槙野はハッシュタグで「#柏木陽介」「#良きパパ」「#15歳から一緒」と補足している。

 コメント欄では、日本でのプレーが10シーズン目を迎えるガンバ大阪のFWパトリックが「だいすき」と反応すれば、ファンからも「2人とも良い顔してます」「嬉しい2人」などと声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング