「赤の使い方が印象的」 仙台、“シンプル”な新ユニフォームデザインが好評「原点回帰!」

仙台、クラブカラーを最大限生かした新ユニフォームデザイン
仙台、クラブカラーを最大限生かした新ユニフォームデザイン

情熱と勝利への意欲を表すベガルタレッドもアクセントに

 ベガルタ仙台が1月7日、2022シーズンのユニフォームデザインを発表した。「カッコイイ」「Simple is Best!!」「赤の使い方が印象的」などの声が上がっている。

 新ユニフォームはクラブカラーを最大限に生かしたデザインを採用。フィールドプレーヤーのユニフォームは、1stがクラブの象徴であるベガルタゴールド、2ndは品位と力強さを感じさせるホワイトがベースカラー。それぞれのベースと、銀河の色を表すベガルタブルーのアディダス「スリーストライプス」が調和し、一体となって戦う選手たちを鮮やかに彩る。さらに情熱と勝利への意欲を表すベガルタレッドが加わっている。

 またゴールキーパーユニフォームは、シャツとショーツのデザインを統一した大胆なオールオーバープリントを採用し、選手の迫力を高めるとともに、勝利への固い意志を表現している。

 1年でのJ1復帰を目指す新シーズン。「ALL VEGALTA」でJ1復帰を目指すという強い思いが込められたユニフォームとなっているなか、SNS上では「クラブカラーを最大限に生かしてる」「シンプルで良い」「シンプルなデザインだしGKユニもカッコイイ」「Simple is Best!!原点回帰!」「赤の使い方が印象的だね」などのコメントが寄せられ、注目を集めている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング