「ワォ、大きな移籍」 浦和FW興梠慎三の札幌レンタルに元スウェーデン代表DF反応

元スウェーデン代表DFエミル・サロモンソンと元日本代表FW興梠慎三【写真:©avispa fukuoka & Getty Images】
元スウェーデン代表DFエミル・サロモンソンと元日本代表FW興梠慎三【写真:©avispa fukuoka & Getty Images】

今季福岡に在籍したエミル・サロモンソンが期限付き移籍のニュースに反応

 元日本代表FW興梠慎三は12月29日、J1浦和レッズから北海道コンサドーレ札幌への期限付き移籍が決まった。9シーズン連続で二桁ゴールを達成するなどエースとして活躍してきたベテランFWの移籍を受け、今季アビスパ福岡に所属していた元スウェーデン代表DFエミル・サロモンソン(IFKヨーテボリ)も「ボックス内で恐ろしい存在」と称えている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 現在35歳の興梠は、2005年に鵬翔高から鹿島アントラーズに加入。1年目から8試合に出場すると、徐々に出場機会を増やして定位置を確保し、J1優勝3回、Jリーグカップ優勝2回、天皇杯優勝2回など数々のタイトル獲得を経験した。

 13年から浦和へ移籍すると、9シーズン連続で二桁ゴールを達成するなどエースとして活躍。16年のJリーグカップ優勝、17年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝、18年の天皇杯優勝などに貢献し、17年にはJリーグベストイレブンに選出されている。今季はリーグ戦20試合1ゴールにとどまっていた。

 札幌を率いるペトロヴィッチ監督と興梠は、13年から17年まで浦和でともに戦った“師弟コンビ”。ミシャスタイルを熟知するストライカーに注目が集まる。

 このニュースに反応したのが、今季福岡でプレーし、シーズン終了後に母国の古巣IFKヨーテボリへ完全移籍が決まったサロモンソンだ。自身の公式ツイッターで「ワォ、大きな移籍だ。Jリーグで僕が好きな選手。すごくスマートで、ボックス内では恐ろしい存在だ」と投稿し、新天地での活躍に興味津々の様子だった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング