J2優勝の磐田、MF遠藤保仁の完全移籍加入を発表 「ガンバ大阪に関わる全ての方に感謝。またお会いしましょう」

完全移籍が決まった磐田の元日本代表MF遠藤保仁【写真:高橋 学】
完全移籍が決まった磐田の元日本代表MF遠藤保仁【写真:高橋 学】

クラブが正式発表

 今季J2優勝でJ1昇格を決めたジュビロ磐田が12月27日、ガンバ大阪から期限付き移籍していた元日本代表MF遠藤保仁が、2022シーズンから磐田に完全移籍加入することが決定したと発表した。

 現在41歳の遠藤は横浜フリューゲルス、京都パープルサンガを経て、2001年からG大阪でプレー。20年10月から磐田に期限付き移籍し、今季はリーグ戦35試合3ゴールの結果を残して磐田のJ2優勝と3年ぶりのJ1昇格に大きく貢献していた。古巣復帰の可能性もあったなかで、磐田に完全移籍となった。

 同日、G大阪も完全移籍を発表したなか、遠藤はクラブを通じてコメントを残している。

◆遠藤保仁のコメント
「2001年の加入からお世話になり、めちゃめちゃ楽しい時間を過ごすことができました。これからもガンバ大阪の更なる発展を期待しております。ガンバ大阪に関わる全ての方に感謝します。またお会いしましょう」

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング