2021年Jリーグ「注目の出来事」を独自選定 J2の劇的ワンプレー、引退ボランチの愛あるツイート…トピック5厳選

磐田MF山田、今季で引退の浦和MF阿部、横浜FMのFW前田【写真:高橋 学 & Getty Images & 小林 靖】
磐田MF山田、今季で引退の浦和MF阿部、横浜FMのFW前田【写真:高橋 学 & Getty Images & 小林 靖】

【識者コラム】2021年Jリーグ「特別表彰」前編、独自で選んだ5部門を紹介

 12月19日に天皇杯の決勝が終わり、2021年シーズンのJリーグが終了した。来年はカタール・ワールドカップ(W杯)イヤーであり、例年より短いオフで新シーズンが開幕を迎えるなか、今シーズンの出来事から10部門を独自に「特別表彰」。まずは前編として、5部門を紹介する。

【劇的なラストワンプレー賞】山田大記(ジュビロ磐田/MF)

 J2優勝でJ1昇格を決めたジュビロ磐田だが、第36節大宮アルディージャ戦で生まれたこのゴールが無かったらどうなっていたか分からない。1-1で迎えた後半アディショナルタイム、すでに掲示された6分を回り、レフェリーがいつ笛を吹いてもおかしくないところで山田が決勝ゴールを決めた。

 ロングボールをDF大井健太郎と相手ディフェンスが競ったこぼれ球が山田の背中に当たって目の前にこぼれたが、それを予測していたかのようにコントロールすると、遅れてブロックにきたMF小野雅史の股下を左足で破ってゴールネットを揺らした。

 それまで磐田は栃木SCと愛媛FCに引き分け、直前の天皇杯では検査入院の鈴木政一監督に代わり、服部年宏コーチが代行を務めた”初陣”で大分トリニータに0-2で完敗と、良い流れではなかった。2位の京都サンガF.C.はもちろん3位のヴァンフォーレ甲府とも勝ち点差が縮まって迎えた試合だった。大宮戦の劇的な勝利からアルビレックス新潟、京都との上位対決を制すると、アウェーで水戸ホーリーホックにも3-1で勝って昇格を決めた。

 終わってみれば勝ち点91で2位の京都に7差、3位の甲府に11差を付けて文句なしの優勝&昇格となったが、シーズンを左右する大きな”ラストワンプレーゴール”だった。

【和服が似合うで賞】前田大然(横浜F・マリノス/FW)

 23得点で川崎フロンターレのレアンドロ・ダミアンとともにJ1得点王となった前田。持ち前のスピードを生かしたフィニッシュと愛娘に向けた”アンパンマン・シリーズ”のゴールパフォーマンスで楽しませてくれた。また本人は「たぶん、スプリントじゃないのも計測でスプリントにカウントされてるんじゃないですかね」と笑いながら語る驚異のスプリント回数は注目を集めた。

 そうしたピッチ上のパフォーマンスに負けず劣らず、話題になったのがJリーグアウォーズでの和服姿。「正装をしてきました」と語る紋付き袴が似合いすぎて、SNSは驚異乱舞となった。コメントはいたって謙虚ながら、その立ち居振る舞いが10月に24歳になったばかりとは思えず、昨年現役を引退した内田篤人が登壇した時には、どっちが選手とゲストかを錯覚するレベルだった。

 スコットランド1部セルティック移籍も秒読みと伝えられるストライカーは来年、日本代表での飛躍も期待される。その人柄も相まって、オンオフ両面の活躍が気になる存在だ。

page1 page2

河治良幸

東京都出身。「エル・ゴラッソ」創刊に携わり、日本代表を担当。著書は「サッカーの見方が180度変わる データ進化論」(ソル・メディア)など。NHK「ミラクルボディー」の「スペイン代表 世界最強の“天才脳”」を監修。タグマのウェブマガジン「サッカーの羅針盤」を運営。国内外で取材を続けながら、プレー分析を軸にサッカーの潮流を見守る。

今、あなたにオススメ

トレンド