「サッカーをする」とは何か? 躍進フライブルクの名監督に会見で直撃――「それなら負けたほうがいい」と語るワケ

前半戦を3位で折り返したフライブルク【写真:Getty Images】
前半戦を3位で折り返したフライブルク【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】今季ブンデスリーガで3位と躍進のフライブルクが話題

 例年どおりバイエルン・ミュンヘンが首位で折り返したブンデスリーガ前半戦で最もセンセーショナルな話題と言えば、3位につけているフライブルクの躍進だろう。17節ではホームに強豪レバークーゼンを迎えたが、見事に2-1で勝利を挙げた。

 フライブルクが前半33分にMFビンツェンツォ・グリフォが冷静なPKで先制に成功すると、レバークーゼンも前半アディショナルタイムにCKから最後はMFチャルレス・アランギスが流し込んで同点に追い付く。

 後半は一進一退の攻防が続き、両チームともシュートシーンまで持ち込めない。細かいパス交換から丁寧に崩していこうとフライブルクの攻撃に、記者席の前に座っていた子供たちが「もー--! シュートー---!」と叫び出す。彼らの思いが通じたのだろうか。後半38分、右サイドのFWエルメディン・デミロビッチがゴール前にクロスを送ると、キャッチしようとしたレバークーゼンGKルーカス・ラデツキーの鼻先に疾風のごとく飛び込んだFWケビン・シャーデがつま先で合わせたのだ。

 新型コロナウィルス拡大抑制対策でフライブルクのあるバーデンビュルテンビュルク州では750人の観客しか許可されていない。でも選手、監督、コーチ、スタッフ、そして彼らファンとで作り上げた喜びの輪がスタジアムを輝かせていた。

 フライブルク躍進にはさまざまな要因があるが、最大の要因がクリスティアン・シュトライヒ監督の存在であることは誰もが認めるところだ。

 観客が少ないのでスタジアムにいると監督の声がダイレクトに聞こえてくる。秩序だった守備陣形からタイミングよくプレスをかけて相手のミスを誘うと「genauso!(それだ!)」と叫び、守備時にMFローランド・シャライやMFチョン・ウヨンがポジションに戻ろうとする動きが遅くなると「Sofort wieder zum Einsatz!(すぐに次のプレーだ!)」と要求。相手のプレスを受けながらもドイツ代表DFニコ・シュロッターベックが落ち着いてボールを逆サイドに展開すると「Nico,so ist es gut!(ニコ、ナイスプレーだ!)」といいねポーズとともに褒める。

 そして、ことあるごとに聞こえてくるのが「Fussball spielen!!」という言葉。「サッカーをしろよ!」という意味だ。「サッカー」をする。それがシュトライヒにとっては何よりも大切なことなのだ。

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング