「グッドルーザーでいよう」 大分ラストゲームの片野坂監督が試合後の円陣で伝えたコト

今季限りで大分を退任する片野坂監督【写真:高橋 学】
今季限りで大分を退任する片野坂監督【写真:高橋 学】

MF松本は「負けてしまったけど、胸を張って帰ろう」と伝えられたことを告白

 大分トリニータは12月19日に行われた第101回天皇杯の決勝戦で浦和レッズと対戦。クラブ史上初の決勝で、土壇場で同点に追いついたが、劇的な決勝ゴールを奪われて1-2で敗れた。片野坂知宏監督は試合直後にピッチ上で円陣を組み、「グッドルーザーでいよう」と選手たちに言葉をかけたという。

 今季リーグ戦では18位に終わり、J2降格が決まった大分。片野坂知宏監督の今季限りでの退任も発表されたなかで、クラブ史上初の天皇杯決勝に駒を進めた。

 大分は前半6分、浦和のFW江坂任に先制ゴールを奪われる苦しい展開。1点ビハインドのまま迎えた後半には、同27分にMF野村直輝、同34分にはFW長沢駿とMF松本怜を投入して攻撃のギアを上げた。

 しかし大分も後半45分、自陣でのフリーキック(FK)をGK高木駿が前に出てきて短くつなぐと、ゴール前に上げたボールにMFペレイラが飛び込んでヘディングシュートを決め、1-1に追いついた。

 ただ、迎えた後半アディショナルタイム、コーナーキックのこぼれ球を浦和MF柴戸海がボレーシュートで狙い、DF槙野智章が頭でコースを変えて劇的な決勝ゴール。大分は無念の準優勝に終わった。

 国立競技場に駆けつけたサポーターに挨拶に行った際、涙を浮かべていた片野坂監督。試合後にはピッチ上で円陣を組んだが、選手たちに感謝の言葉を述べたという。

「円陣では、6年間の指揮で私が最後だったので、選手に感謝しました。この天皇杯の決勝まで連れてきてくれたこと。そしてこれを次の糧にするためにも、この場にいるのは財産になる、と。今回負けて悔しい思いや足りなったことを来季に生かすというか、それを忘れずに1年でJ2からJ1へという奮起につなげてもらえるように話をしました」

 途中出場したMF松本によれば、片野坂監督は「負けてしまったけど、胸を張って帰ろう。グッドルーザーでいようと」とも声をかけていたという。

 片野坂監督にとっては浦和戦がラストゲームだっただけに、松本は「でも、僕は最後にカタさん(片野坂監督)にも優勝を味合わせてあげたかった。駆けつけてくれたサポーターにも優勝を味合わせてあげたかった。グッドルーザーでいたいですけど、悔しい気持ちでいっぱいです」と悔しさをにじませた。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド