FC東京、J2降格の仙台から“クバ神”こと元ポーランド代表GKスウォビィクを獲得「新たな挑戦の始まりを楽しみに待っています」

元ポーランド代表GKヤクブ・スウォビィク【写真:Getty Images】
元ポーランド代表GKヤクブ・スウォビィク【写真:Getty Images】

今季は仙台で37試合に出場

 J1のFC東京は12月18日、J2に降格したベガルタ仙台から元ポーランド代表GKヤクブ・スウォビィクを完全移籍で獲得したことを発表した。

 母国ポーランドでキャリアを過ごしてきたスウォビィクは、2019年夏に仙台に加入。瞬く間に守護神の座に就き、ビッグセーブを連発する姿から、愛称の「クバ」とかけて“クバ神”というフレーズが定着していた。

 今季も38試合中37試合でゴールマウスを守ったが、チームは19位で無念の降格。今季、23歳のGK波多野豪が正守護神を務めたFC東京への移籍が決まった。

 スウォビィクのコメントは以下のとおり。

「こんにちは、FC東京のファン・サポーターのみなさん!! FC東京が来シーズン可能な限り高い位置に到達するために、みなさんと一緒に戦えることを誇りに思います。クラブが成功するために必要なことは、どんなことであれ、みなさんとともに尽力したいと思っています。シーズンのスタートから、プロのサッカー選手としての新たな挑戦の始まりを楽しみに待っています。早くみなさんに東京、そしてスタジアムで会いたいです!!!」

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング