J2降格の仙台FW西村拓真、横浜FM完全移籍を発表 今季チーム最多6得点、「更なる成長を求め決断した」

西村拓真の横浜F・マリノス移籍が発表【写真:Getty Images】
西村拓真の横浜F・マリノス移籍が発表【写真:Getty Images】

クラブが公式発表

 今季J2降格となったベガルタ仙台は12月17日、FW西村拓真が横浜F・マリノスへ完全移籍すると発表した。

 仙台は今季J1リーグ戦で19位と苦戦してJ2降格となったなか、チーム最多6ゴールをマークした西村がJ1・2位の横浜FMに移籍する。現在25歳の西村は2015年に仙台に加入し、18年にCSKAモスクワ(ロシア)へ。その後、ポルティモネンセを経て、20年から古巣仙台に復帰していた。

 西村のコメントは以下のとおり。

「18歳で加入し、約6シーズン本当にお世話になりました。このたび、自分自身の更なる成長を求め、横浜F・マリノスへの完全移籍を決断しました。ベガルタ仙台の一員として、たくさんの経験を通し、サッカー選手としてだけではなく人としても成長することができました。クラブに関わるすべての方々に感謝しています。クラブ、ファン、サポーターのみなさん、仙台の街が大好きです。6シーズン本当にありがとうございました」

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング