ブッフバルトも認める22歳DF伊藤洋輝 ただ者ではない“どっしり感”、光るゲームオーガナイザーの資質

バックアッパーの域を出ている伊藤、前の選手を動かすゲームオーガナイザーとなれるか

 マテラッツォ監督に「2-0となった後、具体的なプレーとして『守備陣からFWへのくさびのパス』がもっと入ることを望んでいただろうか?」という質問をぶつけてみた。というのも、立ち上がりからバラバラだったヘルタの守備が前半終盤から整いだし、シュツットガルトが上手く崩せるシーンが減ってきていたからだ。

「バランスを上手く見つけてくれることを望んでいた。ショートパスでの組み立て、ボランチにパスを入れての前進、ダイアゴナル、相手守備裏へのパス。ピッチ全体のスペースを上手く使うのが自分たちのサッカーだ。ダイレクトにFWへ当てる縦パスに関しては、他との関連もある。ヘルタはコンパクトな守備をしていた。そうなるとシンプルにグラウンダーのボールをセンターのエリアへ送るのは難しくなる。だからこそ、バランスを望んでいた」

 慌ててシュートに持ち込もうとするのではなく、それこそ伊藤のビルドアップ能力を上手くチームとして活用することも求められていた。ふわっとしたボールではなく、逆サイドの深い位置へ鋭いダイナミックなパスを送ることができるし、左WBボルナ・ソサに丁寧にボールを預けることができる。オーバーラップから前線へ顔を出すことだってできる。

 16節バイエルン戦では0-5で大敗とはなったが、伊藤は左WBでスタメンフル出場を果たし、いくつかビックチャンスに絡むなど上々のパフォーマンスを披露していた。主力欠場時に穴を埋めていたバックアップメンバーの域はとうに出ている。

 伊藤が味方に合わせるのではなく、これからは主力の1人として前の選手を動かしていくゲームオーガナイザーとしての活躍を期待したい。それができるだけの資質はすでに証明しているではないか。

(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

page1 page2

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ