「滞在は一瞬でした」 仲田歩夢、六本木・けやき坂イルミネーション出没 幻想的な1枚に「映える」の声

大宮VでプレーするMF仲田歩夢【写真:井上智博】
大宮VでプレーするMF仲田歩夢【写真:井上智博】

けやき坂イルミネーションを訪れたオフショットを公開

 日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」に参戦している大宮アルディージャVENTUS(大宮V)のMF仲田歩夢が、自身の公式インスタグラムを更新。六本木・けやき坂イルミネーションでの出没ショットを投稿すると、「めちゃ綺麗」「映える」などの声が上がっている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 仲田は2012年、常盤木学園高からなでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部INAC神戸レオネッサに加入。力強いドリブルとパワフルな左足の一撃を武器に存在感を示し、18年シーズンにはリーグ戦全18試合に出場して5ゴールを決めた。しかし、19年は13試合、20年は9試合と徐々に出場機会が減り、今年1月に新たに立ち上がった大宮Vでチャレンジする決断を下した。

 大宮Vでは9月のリーグ開幕以降、ここまで9試合に出場(10試合消化)するなか、自身のインスタグラムで六本木・けやき坂のイルミネーションを訪れたことを報告。「滞在時間は一瞬でしたが、ほんのすこし冬感じてきました」と綴られた投稿には、街路樹に電飾が施されるなか道端に佇む幻想的な1枚となっている。

 リーグ戦真っただ中での束の間のオフを満喫したようで、この投稿にファンからは「めちゃ綺麗」「映える」「素敵」といった反応が寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング