「座ってみたい」 本田圭佑、購入したおしゃれ“マイチェア”公開に「高いんでしょうね」

元日本代表MF本田圭佑【写真:Getty Images】
元日本代表MF本田圭佑【写真:Getty Images】

絵文字付きで「もう買いたくない」と茶目っ気たっぷり

 元日本代表MF本田圭佑は今夏、自身9か国目となるリトアニアのスドゥバへ移籍し、全日程を終えて契約満了を迎えるなか、新たに購入した“マイチェア”を公開して注目を集めている。

 Jリーグの名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせた本田は、2008年に海を渡り、オランダのVVVフェンロへ。以降、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)、パチューカ(メキシコ)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、フィテッセ(オランダ)、ボタフォゴ(ブラジル)、ネフチ・バクー(アゼルバイジャン)でプレーし、今年9月にリトアニアのスドゥバと契約を結んだ。

 デビュー戦でいきなりゴールを決めるなど存在感を発揮するも最終的にリーグ戦6試合1ゴールに終わり、今季で契約満了となるなか、自身のツイッターを更新。「素敵な椅子が届いた」と写真をアップした。

 大きな段ボールに入っていたのは、本田が気に入って購入したマイチェアだ。段ボールには「HermanMiller」と記されており、人気の高いモダンデザイン家具メーカー「ハーマンミラー」の椅子を紹介。「今年は7脚の椅子を買った。もう買いたくない(泣き笑いの絵文字)」と茶目っ気たっぷりに明かしており、自宅にはさまざまな椅子が揃っているようだ。

 ファンから「座ってみたい」「最高のデザイン」「高いんでしょうね」「イイの買いましたね」「カッコイイ」などの声が上がっていた。

 現在、カンボジア代表シームでゼネラルマネージャーに就任しており、事実上の監督を務める本田。シンガポールで今月行われるAFFスズキカップ(東南アジアカップ)に臨むなか、采配も注目を集めそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド