「4年前は責任を先輩に押し付けてた」 ドイツで研鑽積む浅野拓磨、クラブと代表で変化を実感「感じ方が変わってきた」

代表における立ち位置も変化「自分の感じ方が試合の大きさを表している」

 そんな変化が見えるのはクラブだけではない。代表における立ち位置だって4年前とは変わってきているという。

「自分の感じ方が試合の大きさを表しているなって改めて感じました。4年前の最終予選とは感じ方が変わったって思います。『俺がやったるぞ』っていう気持ちは今も持っているけど、やっぱり4年前は責任であったりプライドであったりっていうのを、先輩に押し付けて自分はやれることだけやる、というのに集中していました。けど、やっぱりこうやって歳重ねて、感じ方が変わってきているなって感じます」

 責任感が増し、ポジティブな雰囲気を大事にするが、自身のプレーにはいつでも改善点を探している。アシストは記録しているものの、まだ今季ゴールがないのはオフェンシブな選手として納得はいかないところ。それは本人も痛いほどよく分かっている。

「一番はやっぱりゴールですよね。チャンスは間違いなく作れている。これまでのブンデスもそうですけど、ゴール取るところが非常に難しい。そこに飢えて飢えて。でもそこだけにこだわらず、試合に出ている以上チームのために全力でプレーするというところは、自分が成長してこれたところだと思うので。守備のところもそうですし、攻撃のところでも献身的にプレーするところとか、もっともっとやっていかないとですね。結果は自ずと付いてくるっていうふうに捉えて、まずはやれることから100%やっていく」

 お得意のジャガーポーズをそろそろドイツで見たい。

(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

page1 page2

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ