英代表同僚も祝福 ユナイテッドMFサンチョ、15戦目での豪快“初ゴール”に注目

マンチェスター・ユナイテッドMFジェイドン・サンチョ【写真:AP】
マンチェスター・ユナイテッドMFジェイドン・サンチョ【写真:AP】

ユナイテッドは1試合を残してCL決勝トーナメント進出

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間11月24日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節ビジャレアル戦に2-0で勝利。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがグループステージ5試合連続ゴール、イングランド代表MFジェイドン・サンチョが加入後初ゴールを決め、1試合を残して決勝トーナメント進出を確定させた。

 サンチョは、2017年にマンチェスター・シティからボルシア・ドルトムントへ移籍。ドルトムントで大ブレイクし、何度もユナイテッドへの加入が報じられてきた。今季ようやくそれが実現し、大きな活躍を期待されたが、オレ・グンナー・スールシャール監督の元では満足いくようなプレー時間を得られていなかった。

 スールシャール監督が退任となり、元イングランド代表でクラブOBであるマイケル・キャリック氏が指揮を執った一戦で、サンチョは右ウイングで先発出場。後半45分に勝利を決定づける2点目を決め、ついにユナイテッドでの初ゴールを挙げた。

 サンチョはこの試合で4つのタックル、1つのチャンスクリエイトを記録。英メディア「Squawka」は「これまでマンチェスター・ユナイテッドはクリスティアーノ・ロナウドとブルーノ・フェルナンデスを中心に結果を出してきたが、今夜はジェイドン・サンチョも活躍した」と紹介した。

 サンチョのゴールにはイングランド代表MFデクラン・ライス(ウェストハム)やドルトムントでともにプレーをしたイングランド代表MFジュード・ベリンガム(ドルトムント)も顔文字を付けたツイートをサンチョに向けて発信。代表でともに戦うチームメイトもサンチョのゴールを祝福していた。

 スールシャール監督の退任で方向性が定まらないユナイテッドだが、サンチョは確実に自身のプレーを見せチームで重要なプレーヤーであることを示しつつある。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング