「同じミスチョイスをしてる」 闘莉王氏、森保監督の“スタメン固定”采配を一刀両断

日本代表を率いる森保一監督【写真:AP】
日本代表を率いる森保一監督【写真:AP】

コンディションの上がらない主力の継続起用に疑問符

 森保一監督率いる日本代表は、11月16日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第6節オマーン戦で1-0と勝利した。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、前節ベトナム戦(1-0)に続き、低調なスタートの要因となった指揮官の先発起用法に「理解できないところがある」と疑問符をつけている。

 闘莉王氏の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」最新回は前回に引き続き、1-0での勝利となったオマーン戦をテーマとし、森保監督の采配に焦点を当てている。

 枠内シュート0本という前半の停滞感で、ベトナム戦からの修正は感じられなかったが、固定状態の先発起用に関して、闘莉王氏は「理解ができないところがある」とバッサリと切り捨てた。

「ポゼッションサッカーを目指しているのに、なぜそんなに守備的なのか…」
「また同じミスチョイスをしている」

 コンディションの上がってこない主力を先発固定し続ける森保流に対する、熱い闘将論が飛び出す最新回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド