伊東純也、森保ジャパン救った! アウェー2戦2発、クロスに反応「良いボール来た」

日本代表の伊東純也【写真:AP】
日本代表の伊東純也【写真:AP】

後半36分、A代表デビューの三笘からのクロスをファーサイドで押し込む

 日本代表は16日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選、第6節のオマーン戦に1-0で勝利し、グループBの2位に浮上した。11日のベトナム戦(1-0)に続き、決勝点を挙げたのは、MF伊東純也だった。

 ベトナム戦では、圧倒的なスピードを武器に右サイドを蹂躙した伊東だったが、この試合では相手の厳しいマークにあい、思うようなプレーができなかった。それでも、日本のベンチが伊東の交代に踏み切ろうとしていた後半36分、後半開始から出場していたMF三笘薫からの折り返しをゴール前で押し込み、決勝点を決めた。

 前半、思うようにプレーできなったが、「自分のところに人数をかけて止めに来ていたので、難しくなっていた」と振り返り、「後半に薫が入って、自分のところには相手が来ていたのですが、薫のところに(サイド)チェンジしたら、1対1になって、そこで仕掛けてチャンスができていたと思います」と、両サイドで仕掛けられる選手がいるメリットが出た感触を口にした。

 そして、その三笘のアシストを受けて決めた得点シーンを振り返り、「クロスからのところは入っていくように狙っていたので。薫から良いボールが来たので、あそこだけ詰めることを意識していました」と語っている。

 この勝利で2位に浮上したが、11月シリーズ連勝の立役者となった伊東は「最終予選は厳しい戦いが続くなかで、勝ち点3を取るのが大事だと思います。今日、勝って、オーストラリアと順位が入れ替わったことが全てだと思います」と、勝ち点3を取り続けることの重要性を強調した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング