「なんで…」 森保ジャパン、柴崎起用のみ”ベトナム戦中心スタメン”にファン反応

日本代表のスタメンでは柴崎のみ変更【写真:Yukihito Taguchi】
日本代表のスタメンでは柴崎のみ変更【写真:Yukihito Taguchi】

ベトナム戦から変更は累積警告の守田に代わって柴崎を投入したのみ

 日本代表(FIFAランク28位)は11月16日、敵地(マスカット)で行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第6節・オマーン戦(同77位)のスタメンを発表。森保一監督は、前節ベトナム戦(1-0)から1人変更となった顔ぶれを選択した。

 アウェー2連戦となった11月シリーズ、日本は11日のベトナム戦(アウェー)で1-0の勝利を収め、今予選通算成績を3勝2敗とした。10月12日のオーストラリア戦(2-1)に続く勝利を収め、グループ4位からひとつ順位を上げ、3位につけている。

 今節対戦するオマーンとは、9月にホームで行われた初戦で0-1と敗戦。アウェーでのリターンマッチで勝ち点3を獲得できれば、他会場の結果次第で、2位浮上の芽も。一方、敗れた場合は再び4位に転落する。

 先発メンバーは、累積警告により欠場するMF守田英正(サンタ・クララ)に代わって、中盤にはMF柴崎岳(レガネス)を起用。それ以外は、FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)やDF長友佑都(FC東京)らベトナム戦のメンバーが並んだ。FW前田大然(横浜F・マリノス)、FW上田綺世(鹿島アントラーズ)、DF旗手怜央(川崎フロンターレ)はベンチ外となった。

 アジアサッカー連盟(AFC)公式ツイッターでスタメンが発表されると、ファンからは「ガッカリのスタメン」「やはりか」「なんで…」「予想通り」と少なからず失望感を覚えた声も多く寄せられている。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド