「さすがに転ばんやろと」 本田圭佑、森保Jのベトナム戦辛勝に「むしろポジティブ」評価

元日本代表MF本田圭佑【写真:Getty Images】
元日本代表MF本田圭佑【写真:Getty Images】

ファンからの質問に回答「こういう試合は勝てばいいんですよ、本当に」

 森保一監督が率いる日本代表は、11月11日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第5節ベトナム戦で1-0と辛勝した。元日本代表MF本田圭佑は自身の公式YouTubeチャンネルを更新し、日本代表について「全然悲観する必要ないし、むしろポジティブ」と評した。

 本田圭佑は自身9か国目となるリトアニアのスドゥバへ移籍し、デビュー戦でいきなりゴールを決めるなど、存在感を発揮している。ライブ配信でファンとQ&Aを行ったなか、日本代表のベトナム戦に関する質問が本田に飛んだ。

「僕見ていなくて…今回見れてないんですよね。ちょっとバタバタしてて」とベトナム戦はまだ観ていないと前置きしつつ、1-0の辛勝という結果について言及。「さすがに転ばんやろと思っていた。1-0という結果にいろいろ言われているみたいですけど、こういう試合は勝てばいいんですよ、本当に」と結果ファーストを強調した。

 勝ち点3を確実に積み上げた森保ジャパンを高く評価し、「勝つべき試合をしっかり勝ったという印象です。なんで全然悲観する必要ないと思いますし、むしろポジティブだなと思う」と前向きに捉えている。

 日本は16日に敵地オマーン戦に臨むなか、オーストラリア戦(2-1)、ベトナム戦に続く3連勝を飾れるか注目だ。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド