「単調な攻撃で終わっている」 堂安律が語る“外から見た”森保Jの課題「噛み合っていない」

日本代表MF堂安律【写真:©JFA】
日本代表MF堂安律【写真:©JFA】

「それがあればゴールに迫れると思う」と改善点に言及

 森保一監督率いる日本代表は、11月11日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第5節のベトナム戦で1-0と勝利。続く16日のアウェー第6節オマーン戦に臨むなか、MF/FW堂安律(PSV)が13日のオンライン会見に臨み、外から見た森保ジャパンの印象について語っている。

 左膝を痛めていた堂安は今月6日に追加招集されたなか、状態は膝の状態は「絶好調」だという。10月シリーズでは途中で代表チームから離脱しており、ベトナム戦はベンチから戦況を見守った。「最終予選、オマーン戦の20分か30分しか出ていない」という堂安はチームの改善点を挙げた。

「ピッチ内の選手にしか分からないものもあるだろうけど、外から見るとコンビネーションが噛み合っていない。個人を見れば明らかに僕らが上回っているのに点が入らないのは、1対2や1対3で仕掛けている。オーストラリア戦を見てもそれが噛み合ってゴールに迫った。それがあればゴールに迫れると思う」

 攻撃時のコンビネーションに触れつつ、「単調な攻撃で終わっているので、もっといろいろな選手が出てくるような迫力ある攻撃がしたい」という。自身が出場するイメージも膨らませながら、「引かれるのは予想されるので、間で受けながらどうやって背後を取るか。GKと最終ラインの間が狭いので、そこをどうやって高い質で突いていけるか意識したい」とコメントしていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング