W杯最終予選デビューの山根視来をキャプテン吉田が評価 「カバーしてもらった」

日本代表DF吉田麻也とDF山根視来【写真:高橋 学】
日本代表DF吉田麻也とDF山根視来【写真:高橋 学】

酒井に代わってベトナム戦でフル出場

 森保一監督率いる日本代表は、11月11日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5節ベトナム戦で1-0と勝利した。FIFAランク98位の相手に1点でとどまる厳しい展開となったが、キャプテンのDF吉田麻也は右サイドバック(SB)でフル出場したDF山根視来(川崎フロンターレ)を「ピンチを救ってくれた」と高く評価している。

 2勝2敗で11月シリーズを迎えた森保監督は、10月12日のW杯アジア最終予選第4節オーストラリア戦(2-1)で採用した4-3-3システムをベトナム戦で継続採用。中盤にMF遠藤航(シュツットガルト)、MF田中碧(デュッセルドルフ)、MF守田英正(サンタ・クララ)とボランチ3枚を置き、怪我の状態が懸念されるDF酒井宏樹(浦和レッズ)に代わり、右サイドバック(SB)には山根を起用した。

 5バック気味のベトナムに対し、日本は前半17分、FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)が敵陣で相手を背負いながら落とし、MF南野拓実(リバプール)が左サイドを持ち上がって左足で折り返し。これをフルスプリントで駆け込んできた伊東が蹴り込み、素早い展開から日本が鮮やかに先制した。

 その後は一進一退の攻防が続くなか、日本は前半40分、立て続けのセットプレーを守ると一気にカウンターを仕掛け、スピードのあるドリブルで突破した伊東が貴重な追加点を右足でゲットしたかに見えた。しかし、オフサイドポジションの田中がシュート地点とGKを結ぶライン上にいたことがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言と映像確認で認められてノーゴールとなった。

 日本は試合を通し、ポゼッション率66.9%対33.1%シュート数13対6と主導権を握りながら、ベトナムのカウンターでヒヤリとするシーンもあるなど、“快勝”というわけではなかった。そのなかでキャプテンの吉田は1-0と勝利した後のオンライン会見で、A代表5試合目で、最終予選は初出場となる山根のプレーを高く評価している。

「(山根を)カバーしないといけない状況はほとんどなかった。むしろカバーしてもらったくらい。やり方が川崎はより攻撃的でボールを保持できるし、やって良いこと悪いことも明確で前に顔を出す機会も多いと思う。僕らは作り上げている最中でカウンターもあるので、比重を少しいつもより後ろに置いてもらった。(ベトナムが)5-4-1や5-3-2のブロックなので、サイドバックが顔を上げる場面も多くなると思ったが、そこから上手く攻撃を組み立てていたし、プレスバックでピンチも救ってくれた」

 酒井のコンディション次第では、16日の第6節オマーン戦で山根に懸かる期待も大きくなるかもしれない。

【読者アンケート】日本代表@ベトナム戦

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド