大迫→南野→伊東の好連携! 森保ジャパンが高速攻撃で前半17分に先制

日本代表MF伊東純也【写真:高橋 学】
日本代表MF伊東純也【写真:高橋 学】

大迫の落としを南野が持ち込み、クロスに駆け込んだ伊東がフィニッシュ

 森保一監督率いる日本代表は、11月11日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第5節でベトナムと対戦。前半17分にMF伊東純也(ヘンク)のゴールで先制した。

 2勝2敗で11月シリーズを迎えた森保監督は、ベトナム戦にFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)、DF長友佑都(FC東京)ら経験豊富な選手を起用。右サイドバック(SB)にはDF山根視来(川崎フロンターレ)を入れ、MF遠藤航(シュツットガルト)、MF田中碧(デュッセルドルフ)、MF守田英正(サンタ・クララ)とボランチ3枚体制で4-3-3システムを継続採用した。

 5バック気味のベトナムに対し、日本は前半17分に牙をむく。大迫が敵陣で相手を背負いながら落とし、MF南野拓実(リバプール)が左サイドを持ち上がって左足で折り返し。これをフルスプリントで駆け込んできたMF伊東純也(ヘンク)が蹴り込み、素早い展開から日本が鮮やかに先制した。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング