「美しすぎる」 レアル、“近未来型”の新スタジアム映像にファン衝撃「史上最高だ」

レアル本拠地サンティアゴ・ベルナベウ(※写真は工事前)【写真:Getty Images】
レアル本拠地サンティアゴ・ベルナベウ(※写真は工事前)【写真:Getty Images】

全面改修工事中の本拠地、最新システムを備えた完成イメージ映像をクラブが公開

 スペインの名門レアル・マドリードは、本拠地サンティアゴ・ベルナベウの全面改修工事を行っているなか、クラブが11月5日に新スタジアムの完成イメージ動画を公開。「史上最高のスタジアムだ」「美しすぎる」と話題を呼んでいる。

 レアルは2019年6月からスタジアムの工事に着手。快適性と安全性を追求し、最先端のテクノロジーを備えた前衛的かつ普遍的な新シンボルの完成を目指している。そんななか「新サンティアゴ・ベルナベウの驚異的なピッチ収納システム」と題した動画をアップした。

 映像では、スタジアムの外観や通路、ピッチのイメージ映像などを紹介。秀逸なのはピッチを収納する最新システムで、「21世紀のサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムのピッチ収納新システムの驚くべきレンダリング映像をご覧ください」と詳細を届けている。

 また、バスケットボールやテニスの試合会場がスタジアム内に作られる様子も流れ、「大規模な改修工事が行われているレアル・マドリードの有名なスタジアムは今後、コンサート、バスケットボールの試合、アメリカンフットボールの試合、テニスの試合など、様々なイベントを開催することになるでしょう。世界最高のスタジアムが、さらに良くなります」と説明を加えていた。

 ファンから「史上最高のスタジアムだ」「凄すぎる」「信じられないほどいいね」「このチームを応援できることを誇りに思う」「美しすぎる」と驚きの声が上がり、反響が広がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング