「狂気の沙汰だ」 C・ロナウドの“劇的ボレー弾”に海外メディア称賛「止められない!」

クリスティアーノ・ロナウドに両軍最高点の評価【写真:AP】
クリスティアーノ・ロナウドに両軍最高点の評価【写真:AP】

ロナウドが「8.9」と両軍最高点、アタランタ戦の活躍に海外メディアも注目

 マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、2日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第4節アタランタ戦で劇的同点ゴールを含む2発の活躍を見せ、2-2と引き分けた。海外メディアは「チームの救世主」「狂気の沙汰だ」と驚きをもって報じ、両軍最高点が与えられている。

 試合は前半12分、FWヨシップ・イリチッチのゴールでアタランタが先制。リードを奪われたユナイテッドだが、前半終了間際にポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスとの華麗な連携からロナウドが同点ゴールを叩き込む。

 後半11分にはFWドゥバン・サパタに勝ち越し弾を奪われて再び劣勢となるユナイテッド。しかし終了間際、相手ペナルティーエリア手前でボールがこぼれたなか、浮き球に反応したロナウドが豪快に右足を振り抜き、劇的同点ゴールを突き刺した。

 海外メディアも一斉に報じ、米スポーツ専門局「ESPS」のアルゼンチン版は「狂気の沙汰だ。終盤にクリスティアーノが素晴らしいゴールを決めた」と絶賛。またルーマニアのスポーツテレビ局「Digi Sport」は「クリスティアーノ・ロナウド、スールシャールのチームの救世主」、チリメディア「redgol」は「止められない! ロナウドがユナイテッドを救う」と伝えた。

 英データサイト「Whoscored.com」では、ロナウドが「8.9」と両軍最高点。アタランタのFWドゥバン・サパタが「8.1」、FWヨシップ・イリチッチが「7.7」と続いている。

 土壇場で劇的ゴールを決めてチームの救世主となったロナウドに称賛の声が集まっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング