本田圭佑がグランパス時代を回想 ”豊スタ”での衝撃告白「すげー選手いるなって…」

名古屋時代の元日本代表MF本田圭佑【写真:Getty Images】
名古屋時代の元日本代表MF本田圭佑【写真:Getty Images】

豊田スタジアムでの"一番の思い出"を振り返り元浦和のエメルソンに言及

 元日本代表MF本田圭佑が自身の公式YouTubeを更新し、ファンから寄せられた質問の中で名古屋グランパス時代を回想。本拠地・豊田スタジアムでの印象的な出来事に触れている。

 本田は今夏、自身9カ国目となるリトアニアのスドゥバへ移籍。デビュー戦でゴールを決めるなど存在感を放つなか公式YouTubeを更新し、ファンからの質問に「Q&A」方式で答えた。

 その中で2005年~07年まで名古屋でプレーした本田に対し、「豊スタ(豊田スタジアム)が今年で20歳らしいですが、豊スタでの一番の思い出は何ですか?」とファンが質問。2001年に開場し、グランパスの本拠地としても使用されてきたスタジアムに思いを馳せた本田は「悔しい思いしかあまり覚えていないなぁ。負けた試合とか」としつつ、あるJ助っ人の名前を挙げて続けた。

「浦和とやって、エメルソンにぼっこーんいかれたんですよね。あれはいまだに忘れられないですね。すげー選手いるなって思いましたね、あの時。もちろん、良い思い出もいくつかあるんですけど、それよりもこういう思い出が出てきますね」

 ブラジル人FWエメルソンと言えば、スピードと決定力を武器にゴールを量産したストライカーで、Jリーグではコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)、川崎フロンターレ、浦和レッズでプレー。浦和時代の2004年には27得点でJ1得点王に輝き、その年の2ndステージ優勝に貢献した。まさに、Jリーグ史に残るインパクトを残し存在と言えるが、その姿は本田の記憶にもしっかりと刻まれていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング