田中碧が最高点、「ベンチが妥当」の最低点は? 英国人記者が豪州戦“先発11人”を採点

日本代表MF田中碧【写真:高橋 学】
日本代表MF田中碧【写真:高橋 学】

W杯アジア最終予選第4節でオーストラリアに2-1勝利、「両軍最高」と田中に最高評価

 日本代表は12日、埼玉スタジアムでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第4節オーストラリア戦に臨み、後半41分のオウンゴールによる決勝点で2-1と競り勝った。絶対に負けられない一戦で貴重な勝ち点3を手にした日本で、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、W杯を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏が先発出場した日本代表の11人を採点。先制点を決めたMF田中碧(デュッセルドルフ)に最高評価を与える一方、決定機を外したFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)は単独最低点。「信頼すべき別の選択肢があれば、ベンチが妥当」と評している。

   ◇   ◇   ◇

W杯アジア最終予選・第4節オーストラリア戦の日本代表先発メンバーの採点(10点満点)

【GK】
■権田修一(清水エスパルス) 7点
FWアダム・タガート(9番)の一撃を見事なセーブ。そしてMFアイディン・フルスティッチ(10番)の序盤のシュートに対しても敏捷性を示した。フリーキックに関しては相手を称えるべき。ハイボールへの対処は依然として怪しいが……。

【DF】
■酒井宏樹(浦和レッズ) 7点
守備の局面では盤石。後半の田中のセットプレーからのチャンスはさすがにもったいなかった。

■吉田麻也(サンプドリア) 7点 
最終ラインの盤石で規範となるパフォーマンス。決勝弾に導いた浅野へのフィードも見事。

■冨安健洋(アーセナル) 7点
まさに日本守備陣の心臓部。セットプレーの守備でもほとんど苦にする場面はなし。

■長友佑都(FC東京) 7点
オーストラリア相手にかつての自分らしさを示す。相手の右サイドバック、DFフラン・カラチッチ(2番)に苦悩を与え、南野との連係で問題を起こした。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング