韓国代表FWソン・フンミン、値千金の決勝弾 シリアを2-1撃破、W杯予選で暫定首位

シリア戦で決勝ゴールを決めた韓国代表FWソン・フンミン【写真:Getty Images】
シリア戦で決勝ゴールを決めた韓国代表FWソン・フンミン【写真:Getty Images】

ソン・フンミンが終了間際に決勝ゴール

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第3節韓国代表対シリア代表の一戦が7日に行われ、韓国のエースFWソン・フンミンが終了間際に決勝ゴールを奪い2-1で勝利した。

 試合は0-0のまま前半を折り返したなか、後半3分にMFファン・インボムが相手エリア前でボールをキープ。鋭い切り返しで相手を翻弄すると、左足を豪快に振り抜いてミドルシュートを叩き込んだ。

 韓国がついに均衡を破って先制するも、後半39分にはシリアが右サイドから崩してFWオマル・フリービーンが同点ゴール。ユニホームを脱いで喜びを爆発させた。

 このまま引き分けで終わるかと思われたなか、チームを救ったのがソン・フンミンだ。後半43分、FKからゴール前にボールが供給され、こぼれ球に反応して値千金の決勝ゴール。エースFWが千両役者ぶりを見せつけ、苦しみながらも韓国が2-1で逃げ切り、予選2連勝(2勝1分)でグループA暫定首位となっている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング