「これぞ俯瞰の目」 旗手怜央、“ノールック”高精度ロングパスに賛辞「いつ見てた?」

ヴィッセル神戸戦に出場したDF旗手怜央【写真:小林 靖】
ヴィッセル神戸戦に出場したDF旗手怜央【写真:小林 靖】

神戸戦の3-1逆転勝利に貢献、試合中のワンプレーが話題に

 J1首位の川崎フロンターレは、29日に行われたリーグ第28節ヴィッセル神戸戦に3-1と勝利し、5連勝で2位横浜F・マリノスとの勝ち点差を「12」に広げた。後半3ゴールで鮮やかな逆転勝利を収めたなか、スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターはMF旗手怜央のワンプレーに注目。ファンからも「これぞまさに俯瞰の目」「鳥肌が立った」などの賛辞が寄せられている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 4連勝中の川崎は前半13分、神戸FW武藤嘉紀に2試合連続ゴールとなる先制点を許したものの、後半11分にFWレアンドロ・ダミアンのPKで同点とすると、同27分には右サイドをフリーで駆け上がったDF山根視来のクロスがオウンゴールへとつながり2-1と逆転に成功。これで完全に勢いづくと同40分、敵陣バイタルエリア中央でFW宮城天が相手のパスを拾うと、すかさずペナルティーエリア内右の旗手へスルーパス。ボールを持った旗手は数メートル前進後、背後のスペースへヒールで落とし、これに反応した家長がフェイントで相手DFをかわしてからコントロールシュートをファーサイドへ突き刺した。

 家長のテクニックはもちろん、旗手の判断力も光る得点となったが、この試合ではほかにも観る者を唸らせるシーンがあった。川崎が2-1とリードしていた後半30分、自陣右サイドの密集地帯でボールを受けた旗手は、右斜め前方に一度持ち出して対峙した相手選手を半歩かわすと、すぐに右足を強振。ボールは神戸の浅い最終ラインの頭上を越えて逆サイドを縦に走ったFWマルシーニョの足もとに収まった。

 この見事なサイドチェンジの映像を、スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが「旗手怜央には見えていた」と綴り投稿。ファンからは「これぞまさに俯瞰の目」「スゴすぎ」「鳥肌が立った」「キック精度が素晴らしすぎる」「これほんといつ見てたの?」など感嘆の声が寄せられた。中盤や前線、サイドバックなど複数ポジションをハイレベルにこなす旗手。サッカーIQの高さを示すワンプレーとなった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も