「十分ではなかった」 吉田麻也、ユーベ戦惜敗で感じた“対ビッグクラブ”の課題とは?

ユベントス戦でゴールを決めたDF吉田麻也【写真:Getty Images】
ユベントス戦でゴールを決めたDF吉田麻也【写真:Getty Images】

ユベントス戦で追撃のヘディング弾を決めるも、勝利には手が届かず

 イタリア1部サンプドリアは、26日に行われたセリエA第6節ユベントス戦で打ち合いの末に2-3で敗れた。豪快なヘディング弾で意地を見せた日本代表DF吉田麻也は試合後、「もっとアグレッシブにならないといけない」と課題を口にした。

 敵地に乗り込み、良い流れで試合に入ったサンプドリアだが、前半10分にアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラにグラウンダーのシュートをねじ込まれて先制を許してしまう。ディバラはその後、左太ももを痛めて途中交代を要求し、涙ながらにピッチをあとにした。

 前半43分にイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチにPKを決められ、リードを2点に広げられたサンプドリア。直後の同44分、ショートコーナーでのパス交換からMFアントニオ・カンドレーヴァがクロスを上げると、ゴール前で構えていた吉田がイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチに競り勝ち、ヘディングシュートでネットを揺らした。

 後半12に3点目を奪われたサンプドリアは、ユベントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタが負傷交代した後に1点を返したが、あと一歩及ばずに敗戦を喫した。

 吉田は試合後、イタリア語で取材に応じて試合を総括。その様子をサンプドリア公式YouTubeチャンネルが伝えている。

「2-3は悪くはないけど、もっとやらないといけない。前半は0-1で終えないといけなかった。でも、少しアンラッキーな形で2ゴール目を奪われた。それから1-2に戻して、後半の最初10分がすごく大事だったけど、3ゴール目を取られて本当に厳しくなった。ナポリやユーベのようなトップチームと対戦する時は、もっとアグレッシブにならないといけない。フィジカル的にもメンタル的にも強くならないといけない。(前節の)ナポリ戦はすごく悪かったなかで、今日は少し良くなったけど十分ではなかった。(次節の)ウディネーゼ戦が国際Aマッチウィーク前ですごく重要になる。僕らはホームだから、アウェーチームにとっても簡単ではないはず。勝ち点3のためにもっとタフに、アグレッシブにならないといけない」

 10月3日のセリエA第7節ウディネーゼ戦で、3試合ぶりの勝利を掴みたいところだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も