ラウタロが驚愕ボレー弾! 高難易度の“芸術的ゴラッソ”を海外称賛「至高のゴール」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス【写真:AP】
インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス【写真:AP】

インテルFWラウタロ、右クロスを直接叩き込むアクロバティック弾に熱視線

 インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが現地時間25日のセリエA第6節アタランタ戦(2-2)でアクロバティックなボレーシュートを決めた。“芸術的なゴラッソ”を海外メディアも「至高のボレー」と称賛している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 昨季王者のインテルと、3位に入ったアタランタによる直接対決は両チーム合わせて4得点が生まれる熱戦となったが、その口火を切ったのがラウタロのビューティフルゴールだった。

 開始5分、右サイドに開いたイタリア代表MFニコロ・バレッラがアーリークロスをペナルティーエリア内に放り込むと、スペースに飛び込んだラウタロがダイレクトで合わせて先制ゴールをゲット。24歳のストライカーは斜め後ろから飛んでくる難しいクロスに右足をうまく合わせ、強烈なシュートをゴールネットに突き刺した。

 スポーツチャンネル「DAZN」の公式ツイッターは「美しく、芸術的なスーペルゴラッソラウタロ・マルティネス ダイレクトボレーが炸裂」と動画を公開。難易度の高いアルゼンチン代表FWの得点を絶賛した。このゴールについて、フランス紙「レキップ」電子版も「ラウタロ・マルティネスは至高のボレーシュートでゴールを決めた」と称えている。

 試合は先制を許したアタランタがウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキーとイタリア代表DFラファエウ・トロイのゴールで逆転する展開となったが、インテルは後半26分にボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが同点ゴールを奪った。さらにインテルは勝ち越しのPKのチャンスを得たが、MFフェデリコ・ディマルコのキックはクロスバーに弾かれて勝ち越し点は奪えず。最終的には2-2のドロー決着となった。

 ベルギー代表FWロメル・ルカク(チェルシー)の退団で戦力低下が懸念されていたインテルだが、ラウタロはここまで5試合で4得点と決定力を発揮している。相棒のジェコはそれをさらに上回る6試合5得点(1アシスト)をマーク。新2トップがチームを牽引している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も