2ゴールの南野拓実は「危険な存在だった」 リバプール現地紙が“最高タイ評価”で絶賛

2ゴールを決めて勝利に貢献したMF南野拓実【写真:Getty Images】
2ゴールを決めて勝利に貢献したMF南野拓実【写真:Getty Images】

カラバオ杯ノリッジ戦で今季初得点を含む2ゴール、3-0快勝に貢献

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間21日のカラバオカップ(リーグカップ)3回戦のノリッジ・シティ戦に先発フル出場し、今季初ゴールを含む2得点を決めた。チームは3-0で快勝し、南野は現地メディアから「危険な存在だった」と絶賛された。

 開幕から公式戦6試合連続で出番なしだった南野だが、今季初出場となった一戦で持ち味を存分に発揮した。前半4分には左コーナーキックからFWディボック・オリギのヘディングでの落としを素早い反転シュート。GKの股下を抜きゴールネットを揺らした。

 さらに2-0で迎えた後半35分にはMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンとのパス交換からエリア内に侵入し、追加点をゲット。狭いスペースに入り込み、フェイントでGKのタイミングを外してからシュートを流し込んだ。

 南野の活躍もあって3-0と勝利したリバプール。今季公式戦7戦6勝1分と無敗を維持している。

 英地元紙「リバプール・エコー」の選手採点で、南野はGKクィービーン・ケレハー、DFコスタス・ツィミカス、MFナビ・ケイタ、FWオリギと並ぶトップタイの8点。「上手く先制ゴールを決め、ノリッジバックラインのスペースに入り込んだ時は常に危険な存在だった。その粘り強さがクレバーな2点目を生んだ」と活躍を絶賛されている。

 日本代表活動中の負傷もあって出遅れた南野だったが、与えられたチャンスを生かしてユルゲン・クロップ監督へのアピールに成功。プレミアリーグでも出場機会を増やすことができるだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド