「ロッベンみたい」 PSV堂安律、ドリブル→左足”芸術ゴラッソ”が反響「エグい」

AZ戦でゴールを決めたMF堂安律【写真:Getty Images】
AZ戦でゴールを決めたMF堂安律【写真:Getty Images】

AZ戦で今季リーグ戦初ゴール、カットイン→華麗な一撃にファン熱視線

 オランダ1部PSVの日本代表MF堂安律は現地時間11日、エールディビジ第4節AZ戦(3-0)に途中出場し、左足で今季リーグ戦初ゴールを決めた。右サイドからカットインし華麗な一撃を突き刺したシーンをクラブ公式SNSが投稿すると、ファンからはその技術に対する賛辞が寄せられ、元オランダ代表の名手アリエン・ロッベンを引き合いにする声も上がっている。

 堂安は昨季、PSVからドイツのビーレフェルトへレンタル移籍し、全34試合に出場して5ゴールをマーク。今季からPSVに復帰したが、東京五輪に出場した影響もあり、ここまでリーグ戦での出場はなかった。しかし、国際Aマッチウィーク明けで迎えたAZとのアウェー戦で、後半10分から途中出場すると、終盤に見せ場を作る。

 チームが2-0とリードして迎えた後半38分、ハーフウェーライン付近でボールを受けた堂安は、そのままドリブルで敵陣右サイドを前進。ペナルティーエリア右寄りへ運ぶと、ボール奪取に来た相手をかわしてカットインし左足を一閃。エリア外から放たれた鋭いシュートがゴール左隅に突き刺さる芸術的な一撃で今季初得点をマークし、PSVの開幕4連勝に貢献した。

 ドリブルから鮮やかな一撃を叩き込んだシーンに対し、PSV公式ツイッターは「非常に巧妙な方法で切り込み、ファーサイドを打ち抜いた。なんて素晴らしいことだ!」と称賛。米スポーツ専門局「ESPN」オランダ版公式ツイッターでは「第4節のファンタスティックゴール」の一つに選出されていたなか、クラブ公式SNSが改めてゴールシーンを公開すると、ファンからは「スーペルゴラッソ」「これは、エグい」「かっこよすぎ」「ナイスシュート過ぎる」といった賛辞が寄せられた。

 そのほか、今年7月に2度目の現役引退を発表した元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの”十八番”であるカットインシュートを引き合いに「このゴールロッベンみたい コースも角度も」「ロッベンみたいだ」との声も。今後の活躍に期待が寄せられる一撃に熱視線が注がれていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位

  5. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  8. 浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声

  9. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」

  10. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛