鮫島彩、パンプス姿での”WEリーグアピール写真”に親友反応 「ヒール慣れてないから…」

大宮アルディージャVENTUSに所属するDF鮫島彩【写真:©WE LEAGUE】
大宮アルディージャVENTUSに所属するDF鮫島彩【写真:©WE LEAGUE】

日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」は9月12日に開幕

 日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」が9月12日に開幕する。11チームが初代女王の座を懸け、ホーム&アウェー方式による総当たりのリーグ戦(全22節)に臨むなか、大宮アルディージャVENTUS(大宮V)のDF鮫島彩が、公式インスタグラムを更新。ヒールパンプス姿の私服ポートレートとともに、新リーグ開幕をアピールしている。

 2011年の女子ワールドカップで世界一に輝いたなでしこジャパン(日本女子代表)の一員である鮫島は、長きにわたって女子サッカー界を牽引してきた。2015年からINAC神戸レオネッサでプレーしてきたが、今年1月に大宮Vへの移籍を決断した。

 東京五輪のなでしこメンバーから外れ、来たるWEリーグ初年度に備えてきたなか、8日に更新したインスタグラムでは、新たなスタートを切る新リーグをアピールしている。

「ついに今週末WEリーグが開幕するよ~! どんなリーグにしていけるのかドキがムネムネ WEリーグの応援よろしくお願いします」

 投稿には、ピッチのユニフォーム姿とは違う、ヒールパンプスを履いての私服ポートレートを添えており、日頃から「姫」と呼び、親交の深いバドミントンの元日本代表・藤井瑞希さんは「ヒール慣れてないから両手でしっかりバランス取らないとね」とコメント。ファンからも「素敵な写真」「いつも笑顔でいてください」「新シーズン楽しみです」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング