韓国は「ソン・フンミンだけではない」 レバノン監督、エース不在で勝利の対戦国を評価

韓国代表がレバノン代表に勝利【写真:AP】
韓国代表がレバノン代表に勝利【写真:AP】

MFクォン・チャンフンの決勝弾で勝利、敵将ハシェック「韓国はパスの質が非常に高かった」

 韓国代表は、7日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループA第2節でレバノンと対戦。エースFWのソン・フンミンが右ふくらはぎの違和感で欠場したなか、なんとかホームで1-0の勝利をもぎ取った。敵将は試合後、韓国について「ソン・フンミンだけのチームではない」とコメントしている。韓国紙「スポーツ朝鮮」が伝えた。

 2日の初戦ではホームにイラクを迎え、絶対的エースのFWソン・フンミンらが出場したがゴールを割ることができず、スコアレスドロー。10大会連続のW杯出場に向けて重苦しい雰囲気のなかでのスタートとなった。さらにホーム連戦で勝ち点3獲得が必須のレバノン戦に向けては、ソン・フンミンが右足ふくらはぎの違和感によりメンバー外となる緊急事態。パウロ・ベント監督にとっても難しい状況のなかでレバノン戦を迎えた。

 雨が降る水原ワールドカップ競技場で、佐藤隆治主審ら日本の審判団によりキックオフされた一戦。FIFAランキング36位の韓国は、同98位と下位のレバノンに対し前半から主導権を握って、FWファン・ヒチャンやMFイ・ジェソンが攻め込むが、最後の精度を欠いて得点が奪えない。

 嫌なムードも漂うなか、後半15分に待望の先制点が生まれる。左サイドを突破したファン・ヒチャンからのグラウンダークロスを、ニアサイドに飛び込んだ途中出場のMFクォン・チャンフンが左足で合わせてゴールネットを揺らした。

 1990年代にサンフレッチェ広島、ジェフユナイテッド市原(当時)でもプレーし、今年7月からレバノンを率いるチェコ人のイワン・ハシェック新監督は、試合後のオンライン会見で「韓国は非常に速い攻撃を仕掛けてきた。我々はスペースを与えないように努めた。非常に難しい試合だった。韓国のほうが多くのチャンスがあったが、レバノンも失点後にチャンスはあった」と言及。同時に、韓国はエースのソン・フンミンを欠いた陣容でも、レベルが高かったと認めている。

「韓国の選手たちはパスの質が非常に高かった。それを防ぐのは困難だった。全体的に良い選手が揃っている。ソン・フンミンだけのチームではない。もちろん、ソン・フンミンは非常に高いクオリティーを持った選手なのは間違いないが、ほかにも良い選手が多いと思う」

 スコア上は1-0と最少得失点差だが、ハシェック監督としては個々の能力の差は感じざるを得なかったようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング