韓国代表、“大黒柱”ソン・フンミン負傷欠場もレバノンに1-0辛勝 最終予選で初白星

韓国代表がレバノン代表に勝利【写真:AP】
韓国代表がレバノン代表に勝利【写真:AP】

絶対的エースが右足ふくらはぎの違和感でメンバー外も、途中出場クォン・チャンフンのゴールで勝利

 韓国代表は7日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループA第2節でレバノン代表とホームで対戦し、1-0と勝利した。

 2日の初戦ではホームにイラクを迎え、絶対的エースのFWソン・フンミンらが出場したがゴールを割ることができず、スコアレスドロー。10大会連続のW杯出場に向けて重苦しい雰囲気のなかでのスタートとなった。さらにホーム連戦で勝ち点3獲得が必須のレバノン戦に向けては、ソン・フンミンが右足ふくらはぎの違和感によりメンバー外となる緊急事態。パウロ・ベント監督にとっても難しい状況のなかでレバノン戦を迎えた。

 雨が降る水原ワールドカップ競技場で、佐藤隆治主審ら日本の審判団によりキックオフされた一戦。FIFAランキング36位の韓国は、同98位と下位のレバノンに対し前半から主導権を握って、FWファン・ヒチャンやMFイ・ジェソンが攻め込むが、最後の精度を欠いて得点が奪えない。

 嫌なムードも漂うなか、後半15分に待望の先制点が生まれる。左サイドを突破したファン・ヒチャンからのグラウンダークロスを、ニアサイドに飛び込んだ途中出場のMFクォン・チャンフンが左足で合わせてゴールネットを揺らした。

 その後も、主導権を握った韓国だが追加点を奪うことはできずにそのまま1-0で終了。グループ内で力が劣ると見られるレバノンにホームで1-0という結果には課題を残すものの、エースのソン・フンミンを欠くなかで勝ち点3獲得という最低限の結果を残した。韓国はこの後、10月7日にもホームでシリアと戦い、12日にアウェーでのイラン戦という大一番を迎える。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング