ブラジル人元Jリーガー、栄光の時を過ごした日本への感謝 「今も僕の心に住んでいる」

G大阪などで活躍したブラジル人ストライカーのアラウージョ【写真:Getty Images】
G大阪などで活躍したブラジル人ストライカーのアラウージョ【写真:Getty Images】

【あのブラジル人元Jリーガーは今?】アラウージョ(元清水、G大阪):後編――日本挑戦は最初の3カ月で苦戦

 日本のスタジアムに“アラウージョ旋風”が吹いたのは、ガンバ大阪でプレーした2005年のこと。J1リーグで33ゴールを挙げて得点王とベストイレブン、そしてMVPに輝き、ナビスコカップでも6ゴールで大会得点王となった。シーズン終了後には、全国のサッカー担当記者の投票によって選出される日本年間最優秀選手賞も獲得した。

 ブラジルのゴイアスでプロデビューし、7年間でクラブ歴代トップの通算136ゴールをマークするなど、好調なサッカー人生を歩んでいたアラウージョが、初めて日本に行ったのは2004年。清水エスパルスへの移籍だった。

「外国でプレーしてみたい、国際的に活躍したいという夢があったんだ。もう結構な年月、ゴイアスにいたから、違うクラブを経験したいというのもあった。だから、日本に行くのは夢の実現だった」

 ただ、日本での最初の3カ月は大変だったと振り返る。

「日本のサッカーは魅力的だと思った。でも、慣れるのには時間がかかったんだ。ブラジルのサッカーは緩急があるけど、日本では試合を通して運動量がすごく多いし、プレーも展開もスピーディー。相手のプレスも速いし、ボールを奪われた時の切り替えも速い。実際、清水では馴染むために頑張っている状況だった。本当に適応し、磨きをかけるという段階に進めたのは、ガンバに行ってからだったような気がする」

 ピッチの外での失敗談もある。今となっては笑い話だが、アラウージョの几帳面な性格が伺えるエピソードでもある。

「最初にゴミを捨てようとした時のこと。買ってきた黒いビニール袋にまとめて、ゴミ置き場に出しておいたんだけど、次に行くと、なぜか僕のゴミだけが、回収されずに残されていた。これでは溜まっていくと思って、急いで持ち帰ったんだけど、どうしたらいいんだろうと。その時、近所の公園のゴミ捨て場には、遊びに来た人たちのゴミがたくさんあるのを発見してね。闇夜に紛れて(笑)、僕のもそっと置いてきた。翌日、僕のゴミ袋に貼ってあった注意書きをクラブで見せたら、ゴミ袋は青か白じゃないとダメなんだって。僕のは黒(笑)。想像もしないルールだった」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング