「勇敢さがなければ失職する」 森保監督に最低タイ評価…英記者がオマーン戦を採点

オマーンに敗れW杯最終予選黒星スタートとなった【写真:ⓒJFA】
オマーンに敗れW杯最終予選黒星スタートとなった【写真:ⓒJFA】

W杯最終予選初陣でオマーンに0-1敗戦、“不動”の主軸である酒井の不調は「懸念材料」

 森保一監督率いる日本代表は、2日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選初戦でオマーンとホームで対戦し、0-1で敗れた。7大会連続のW杯出場へ最悪の船出となった一戦を、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏が、出場した全選手と監督を採点。軒並み落第評価となるなか、最低点タイとなった森保監督に対して「勇敢さがなければ、間もなく失職するだろう」と酷評し、7日の中国戦の結果次第で立場が危うくなると指摘している。

   ◇   ◇   ◇

W杯アジア最終予選・第1節オマーン戦の日本代表選手&監督の採点(10点満点)

【GK】
■権田修一(清水エスパルス) 4点
 守護神は自信なさげだった。序盤のコーナーキックで簡単にキャッチできる状況で、ファンブル。最終ラインに安定感を示せなかった。

【DF】
■酒井宏樹(浦和レッズ) 4点
 東京五輪で堂安と見せた鮮烈な攻撃参加を見せることができなかった。攻撃のみならず、守備でも怠惰。オーバーワークが配慮されて離脱したが、不動の主軸の不調は懸念材料だ。

■吉田麻也(サンプドリア) 5点
 クオリティーを示すシーンもあったが、酒井同様に東京五輪の後遺症に苛まれているのだろうか。疲労と欧州のシーズン開幕で疲弊は見逃せない。

■植田直通(ニーム) 3点
 冨安と板倉の不在で待望のスタメン出場となったが、あまりにスロー過ぎてミスも多かった。試合終了間際のイサム・アブダラ・アルサビに決勝点を奪われた際のポジショニングミスは許されない。

■長友佑都(無所属) 4点
 長きにわたり代表に貢献してきたが、所属チームがない。しかも、今月35歳の誕生日を迎える。この左サイドバックの代表での時間は終焉が訪れたのだろうか。かつてのプレーからは程遠い。先発した理由は他に有効な選択肢を森保監督が見出せていない以外に他ならない。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング