「絶品のFK」 ベテランMF藤本淳吾の”芸術的な一撃”が反響「何度見ても素敵」

SC相模原でプレーするMF藤本淳吾【写真:Getty Images】
SC相模原でプレーするMF藤本淳吾【写真:Getty Images】

28日の磐田戦で先発出場、前半37分に決めた華麗な先制FK弾にファン熱視線

 SC相模原は28日、J2リーグ第27節でジュビロ磐田と敵地で対戦し、1-1で引き分けた。2試合ぶりの勝利とはならなかったが、前半に37歳の元日本代表MF藤本淳吾が決めた鮮やかな先制FK弾に、「ビューティフル!」「絶品のFK」といった賛辞が上がっている。

 2006年に清水エスパルスでJリーグデビューし、名古屋グランパス、横浜F・マリノス、ガンバ大阪と強豪を渡り歩き、日本代表でも活躍した藤本。19年途中にJ2京都サンガF.C.に期限付き移籍すると、翌20年8月にはJ3の相模原に加入し、チーム史上初のJ2昇格に貢献した。

 在籍2年目となった今季はここまで主力としプレーし、前節まで21試合4得点をマーク。22日のアルビレックス新潟戦(1-2/第26節)では利き足の左足で技ありのループシュートを決めるなど、いまだ錆びつかない技術で健在ぶりを示している。

 ここ2試合続けてゴールを奪っていたなかで迎えた磐田戦では7試合連続で先発すると、華麗なFK弾で観る者を魅了した。スコアレスで迎えた前半37分、相模原はゴールまで約20メートルの距離でFKを獲得。絶好の位置からのセットプレーでキッカーを務めた藤本は左足を振り抜くと、ボールは壁を越え、ファーサイドのゴールネットへと突き刺した。

 この鮮やかな先制FK弾の映像をJリーグ公式ツイッターが投稿するとファンが反応。「ビューティフル!」「上手すぎる」「何度見ても素敵」「錆びない左脚」「技術は衰えない」「絶品のFK」といった賛辞が相次いで寄せられ、衰え知らずの技術に熱視線が注がれた。

 チームはその後追いつかれ勝ち星を逃したものの、藤本はこれで3試合連続ゴールと好調をキープ。ベテランMFのさらなる活躍に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング