「これはワールドクラス」 FC東京助っ人FW、驚愕の”ロケット弾”反響「反則外国人」

FC東京で活躍するFWレアンドロ【写真:井上智博】
FC東京で活躍するFWレアンドロ【写真:井上智博】

FWレアンドロの決勝弾で神戸を1-0撃破、密集地帯から決めたひと振りにファン熱視線

 FC東京は28日のJ1リーグ第27節・ヴィッセル神戸戦を1-0で制し、リーグ2連勝を飾った。スコアレスのまま迎えた試合終盤、ブラジル人FWレアンドロがゴール前の密集地帯から決めた殊勲のひと振りが反響を呼び、ファンからは「ワールドクラス」「反則外国人」といった感嘆の声が上がっている。

 敵地に乗り込んだFC東京は、前半からディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン、レアンドロのブラジル人アタッカーにボールを集めながらチャンスを探るも、決め手を欠く展開が続いた。後半に入り、FW永井謙佑、FW田川亨介らを投入し打開を図ったなか、後半38分に均衡を破る。

 敵陣左サイドから攻め込んだ流れで、ペナルティーエリア(PA)手前で味方からパスを受けた田川が、ボックス内のレアンドロへ短いパスを供給する。これを受けたレアンドロは、DFトーマス・フェルマーレンのマークに遭いながらも力強くボールをキープすると、永井とのワンツーパスで守備網を突破。フェルマーレンをかわすと、すかさず右足を一閃しゴール左上へシュートを突き刺した。

 この強烈な一撃を、スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが注目。「華麗なワンツーからロケットシュート炸裂!! レアンドロが永井謙佑との見事なパス交換から強烈な一撃をゴールに叩き込んだ」と綴り動画を添えると、ファンからは「これは完全にワールドクラス」「反則外国人」「現役ベルギー代表をいなしてのゴラッソ」「シュートうますぎ」といった感嘆の声が寄せられるなど、大型補強の神戸を撃破したゴールに反響が寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング