「またえぐいのが来た」 名古屋の新助っ人FW、衝撃的なJ初得点に称賛の嵐「異次元」

名古屋FWシュヴィルツォク【写真:Getty Images】
名古屋FWシュヴィルツォク【写真:Getty Images】

名古屋の新加入FWシュヴィルツォク、福岡戦で芸術的な一撃からJリーグ初得点

 名古屋グランパスは22日、J1リーグ第25節でアビスパ福岡と対戦し、1-0で勝利した。リーグ戦2連勝に導く決勝ゴールを決めたのは、新外国籍選手であるポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォク。ペナルティーエリア手前から美しい弧を描いてゴールネットを揺らした芸術弾に、「またえぐいのが来た」「キック力と精度が抜群」など称賛の嵐となっている。

 28歳の長身FWシュヴィルツォクは、7月20日にポーランドのGKSピアスト・グリヴィツェから完全移籍で加入。今夏の欧州選手権(EURO)にも出場したポーランド代表の実力者で、8月12日のJ1第18節横浜F・マリノス戦(0-2)で途中出場からデビューを果たすと、18日の天皇杯ラウンド16のヴィッセル神戸戦(1-0)で後半途中に投入され、移籍後初ゴールを決めた。

 そして中3日でホームの豊田スタジアムに福岡を迎えたこの日、シュヴィルツォクは0-0で迎えた後半開始から出場し1トップに入った。前半から両チームともに決め手を欠く展開となったが、投入直後の後半4分に輝きを放つ。敵陣左サイドでDF森下龍矢からDF吉田豊につなぐと、前方で相手DFを背にしたシュヴィルツォクに縦パスを入れる。ポーランド代表FWは右足アウトで流しながらトラップすると、素早く右回りにターンをして相手DFと正対。ペナルティーエリア手前と距離があり、シュートコースも切られているように見えたが、シュヴィルツォクはわずかにボールを右に流しながら、ゴールに対して半身の状態から右足を振り抜く。

 相手DFを巻くようにして放たれたシュートは美しい弧を描いて福岡ゴールへ。スピード、コースともに完璧な一撃は、福岡GK村上昌謙が必死に飛びつくもボールに触れずネットを揺らした。

 ワールドクラスのコントロールショットを、DAZN公式ツイッターが「スタジアムの空気を変えたシュヴィルツォクの芸術弾 待望のリーグ戦初ゴールは美しい弧を描いてネットを揺らした」と綴り動画を投稿。ファンからも「エグすぎ」「これは止めれない」「またえぐいのが来た」「シュートの前の間合いの作り方が絶妙」「キック力と精度が抜群」「やっぱバケモンか」「これは絶対取れないコース」「鳥肌立った」「また異次元の外国人選手来た」など称賛の嵐となっており、Jリーグ終盤戦でのプレーにさらに注目が集まりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング