「横浜FCオリジナルビール」誕生の舞台裏 サポーターの声を反映…地域活性化への挑戦

横浜FCと横浜ビールが共同でオリジナルビールを開発【写真:石川 遼】
横浜FCと横浜ビールが共同でオリジナルビールを開発【写真:石川 遼】

横浜ビールとの共同開発で誕生「どこよりも美味しいと言われるように…」

 J1リーグの横浜FCは、横浜でビール醸造を行う株式会社横浜ビール(以下、横浜ビール)と共同でオリジナルビール『Under The Sky Beer~SUNNY SESSION IPA~』を開発。コロナ禍での苦悩を乗り越え、今年6月に1年越しでの発売にこぎつけた。「サポーターに愛されるビール」を目指してつくられた待望のオリジナルビールは、どのようにして誕生したのだろうか。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

   ◇   ◇   ◇

 事の発端は2020年2月20日に横浜で行われていたSDGs(持続可能な開発目標)をテーマにした国際会議でのこと。横浜ビールの専務取締役・竹内和人氏が、会議で登壇していた横浜FCの代表取締役社長COO・上尾和大氏に直接コンタクトを取ったことから始まった。横浜ビールは横浜の地で20年以上、地ビールをつくり続けてきた。そのなかで竹内氏は以前から地域スポーツと一緒になった取り組みができないかと考えていたのだという。

「文字通り突撃してご挨拶させていただいた」という竹内氏は、その日のうちに上尾氏にメールを送った。すると、すぐに返信があったという。横浜ビールと横浜FCはともに「オリジナルビールをつくりたい」というところで思惑は一致しており、そこからは話がトントン拍子で進んでいった。

 そして2020年4月4日、竹内氏と上尾社長との邂逅からわずか1カ月半足らずというスピードで、横浜FCは横浜ビールとの「オリジナルビール開発プロジェクト」を発表。その3日後に新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、神奈川も含む7都府県に“最初”の緊急事態宣言が発令される不運なタイミングではあったが、コロナ禍で中断を余儀なくされたJリーグを盛り上げるために“横浜”の名を冠した者同士が手と手を取り合った。

 そして、そこからおよそ1年をかけてでき上がったオリジナルビールは、その名も『Under The Sky Beer~SUNNY SESSION IPA~』。横浜ビールには6種類のレギュラービールがあり、サポーターのフレーバーアンケートでは苦味と香りの強い「横浜ラガー」が圧倒的人気ナンバーワンだったため、その結果を踏まえて『Under The Sky Beer』もしっかりとした苦味と爽やかな香りが最大の特徴となっている。2021年6月27日の清水エスパルス戦でお披露目となった。

 クラフトビールの世界ではホップを効かせたIPA(インディアペールエール)が流行しているなかで、『Under The Sky Beer』はそれよりもアルコール度数が低く、飲みやすいセッションIPAというビアスタイルで、「三ツ沢の空にあうビール」をキーワードにつくられた。オリジナルビールに強い思い入れを持っていた竹内氏も、つくるからには「一番の美味しさ」を目指すとこだわりを示した。

「サッカーチームがオリジナルビールをつくるというのは決してこれが初めてというわけではないですし、これから新たに始めるところも出てくると思います。ですが、ビール造りに関してはやっぱりどこにも負けたくありません。当然サッカーでも負けたくないですが、ビールの味に関しても『どこのサッカーチームよりも美味しい』と言われるようになりたいし、そこを目指していかなければいけないと思っています」(竹内氏)

 ビールの味わいは“百聞は一飲にしかず”。今はまだスタジアムでアルコールを思い切り楽しめる状況ではないが、ビール好きのサッカーファンはぜひとも一度試してみてはいかがだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」