遠藤航は「シュツットガルトに不可欠」 新キャプテンの”影響力”をドイツ誌が絶賛

シュツットガルトでプレーするMF遠藤航【写真:Getty Images】
シュツットガルトでプレーするMF遠藤航【写真:Getty Images】

2019年8月に契約した遠藤、2年の月日を経てチームに不可欠な存在に成長

 ドイツ1部シュツットガルトの日本代表MF遠藤航は、現地時間8月14日に行なわれたブンデスリーガ開幕節のグロイター・フュルト戦(5-1)で今季チーム第1号となる先制ゴールを挙げるなど、攻守で存在感を示した。ドイツのサッカー専門誌「キッカー」は、「チームに不可欠になった」と新キャプテンの影響力の大きさを伝えている。

 オーバーエイジ枠でU-24日本代表の一員として東京五輪に出場した遠藤は、8月6日の3位決定戦メキシコ戦(1-3)からわずか8日、新シーズン開幕戦となるグロイター・フュルト戦に先発出場した。

 ボランチの一角に入った遠藤は、前半30分にドイツ人MFフィリップ・フェルスターのラストパスをペナルティーエリア内で受けると、飛び出してきた相手GKサーシャ・ブルヒャートをかわすループシュートを披露。ストライカーばりの動きで今シーズンのチーム初ゴールをマークした。

 遠藤の先制点で勢いに乗ったシュツットガルトは、前半36分にMFフィリップ・クレメントが追加点を奪うと、後半にはMFマルク・ケンプフの2ゴールを含む3得点を挙げ、最終的に5-1と大勝を飾った。

 ドイツのサッカー専門誌「キッカー」は「ふてぶてしいほど賢いゴール」と伝え、ペレグリーノ・マタラッツォ監督も「ワタルはエネルギー、6番(守備的MF)のポジションにおける戦術理解、守備での強み、すべての要素でチームに好影響をもたらす」と新キャプテンを称えている。

 また、「キッカー」誌は、「2年前、ワタル・エンドウはVfB(シュツットガルト)と契約した。試練を経て、日本人選手はチームに不可欠となった」と高評価。ブンデスリーガの“デュエル王”に輝いた昨季の活躍を踏まえ、遠藤評はさらに高まっている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  6. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  7. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  8. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  9. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  10. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」