“闘将”が名古屋へ凱旋! サポーター万雷の拍手、「闘莉王コール」の“粋な演出”も

元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が名古屋豊田スタジアムに凱旋【写真:©N.G.E.】
元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が名古屋豊田スタジアムに凱旋【写真:©N.G.E.】

古巣の本拠地へ来場、ピッチ一周の際に収録した「闘莉王コール」が鳴り響く

 元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が15日、J1リーグ第24節・名古屋グランパス対湘南ベルマーレ戦の舞台となった豊田スタジアムに凱旋。サポーターから粋な計らいと万雷のスタンディングオベーションを受けた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 東京五輪の解説で一時帰国している闘将は2010年にクラブ史上初のJ1制覇に貢献した名古屋の本拠地戦を訪問した。試合前にはセレモニーが行われ、ピッチ場で挨拶。「7年間強くなっていく時も、弱くなっていく時もあった。こうやってみなさんの前に立つことは人生の宝なんだと思う」と闘将が語ると、万雷の拍手が巻き起こった。

 挨拶後、ピッチを一周した闘将に待っていたのは粋な計らい。新型コロナウイルスの感染拡大予防対策で、拍手以外禁止だが、スタンドには『闘莉王コール』が鳴り響いた。

 関係者によると、スタンドで声を出せないサポーターは感染予防対策を講じた上で、当時の「闘莉王コール」を別で収録。クラブ側がピッチ一周の際にチャントを流すという粋な計らいを見せていた。

 ゴール裏のサポーターは総立ちで、スタンディングオベーションを見せると、闘将も大きく一礼。レジェンド凱旋の豊田スタジアムに温かい空気が満ち溢れていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  6. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  7. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  8. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  9. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  10. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点