スウェーデン女子代表、話題を呼んだ“ユニクロ製”五輪ユニフォームが生んだ相乗効果

東京五輪で銀メダルを獲得したスウェーデン女子代表【写真:AP】
東京五輪で銀メダルを獲得したスウェーデン女子代表【写真:AP】

ユニクロはサッカーの代表チームとは初のパートナーシップ契約

 東京五輪のサッカー競技で、話題を呼んだチームの一つが銀メダルを獲得したスウェーデン女子代表だった。GKヘドヴィグ・リンダール、FWコソヴァレ・アスラニ、FWフリードリナ・ロルフォらが、東北新幹線や宮城の夕暮れ、横浜の景色、オリンピック選手村のボランティアの素顔など、日本の魅力を積極的にSNSで発信。そして、気迫あふれるプレーを支えた公式ウェアが、日本の“ユニクロ製”だったことも注目を集めた。ユニクロ(UNIQLO)広報に、スウェーデンのオリンピック・パラリンピックチームとパートナー契約を結んだ狙いと反響について聞いた。

 2019年1月、ユニクロとスウェーデンオリンピック委員会(SOC)はオリンピック・パラリンピックチームのメインパートナー兼オフィシャル・クロージング・パートナー契約を締結。それまで、スウェーデンは国内のアパレルメーカー「H&M」のウェアを着ていたが、2018年8月にユニクロが北欧初となる店舗をスウェーデンの首都ストックホルムに出店した際、SOCのピーター・レイネボCEOが来店したのがきっかけだったという。

「ピーターさんはオリンピックのウェアパートナーをずっと探されていて、クオリティーや、どういったブランドなのかを見に来られました。その後、コンタクトしたいとすぐに日本に連絡があり、パートナーシップの話が進んでいきました。ユニクロの『LifeWear』というコンセプトに共感していただき、また東京五輪ということで、日本の企業に興味を持ったと伺っています」

ユニクロのストックホルムの1号店出店がスウェーデンチームとの契約につながった
ユニクロのストックホルムの1号店出店がスウェーデンチームとの契約につながった

 ユニクロは男子テニス選手の錦織圭とグローバルブランドアンバサダー契約を結び、ウェアを提供するなど、スポーツ分野にも進出している。しかし、ことサッカーに関しては、J2リーグのザスパクサツ群馬が群馬県社会人リーグ1部に所属していた2002年から、JFLからJリーグ昇格を果たす2004年までの3年間、オフィシャルユニフォームサプライヤーを務めたのみ。ナショナルチームへの提供は初の試みだった。

「美しくシンプルなデザインや、現代的なライフスタイルを尊ぶスウェーデンの人々の姿、文化は、ユニクロの『LifeWear』の理念に通じています。スウェーデンとの協業により、彼らから文化やサステナビリティーについて学び、それをユニクロの次世代の服づくりに生かしていきたい、という考えがありました。また、北欧進出を加速させ、ユニクロの認知獲得を向上する期待もありました。(テニスの)錦織圭選手、ロジャー・フェデラー選手らアスリートからフィードバックを受け、一般のお客様も買える服を開発していますが、スウェーデンの選手たちや委員会の方々からも声をもらい、ともにウェア開発を進めていくことでの相乗効果も期待しました」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」