チェルシーのレジェンド、ルカクの復帰をフライング発表? 「彼が家に帰ってくる」

かつてチェルシーで同僚だったFWルカクとFWドログバ【写真:Getty Images】
かつてチェルシーで同僚だったFWルカクとFWドログバ【写真:Getty Images】

ドログバがコラージュ画像のツイートに続き、チェックマークの意味深ツイート

 欧州王者チェルシーは、今夏の移籍市場でストライカーの獲得を目指していたが、ベルギー代表FWロメル・ルカクの獲得が確実となっているようだ。クラブのレジェンドである元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏が、自身の公式ツイッターで投稿した。

 ルカクはドログバも在籍していた2011年から13年までチェルシーに所属していた。しかし、ドログバをはじめ世界的なストライカーがひしめく激しい競争の中で、出場機会を得られず。結局、レンタル移籍を繰り返し、チェルシーではリーグ戦計10試合の出場にとどまった。

 しかし、最初に加入した時から10年を経て、世界を代表するストライカーになったルカクは、今度はクラブの史上最高額選手として、チェルシーに戻ることになりそうだ。英公共放送「BBC」などでは、ルカクの移籍金は9750万ポンド(約149億円)と報じられており、5年契約を結ぶという。

 まだクラブから正式発表がないものの、現役時代から自身の後継者と言われてきたルカクをかわいがっていたドログバ氏は、自身のツイッターに今季のユニフォームを身にまとうルカクのコラージュ画像とともに、「彼が家に帰ってくる」という文字に青いハートの絵文字を9つ付け、ルカクの公式アカウントとチェルシーの公式アカウントをメンションした投稿をアップした。さらに、その後にも、この情報が間違いないということを示唆するようなチェックマークだけのツイートを付け加えている。

 かつてルカクは、ドログバ氏が自身のアイドルだったことを明かしつつも、あまりにも多く比較されることに辟易していた。チェルシーで通算254試合に出場し、104ゴールを挙げてクラブのレジェンドとなったドログバ氏。ルカクは自身の成長を示し、チェルシーの得点源となれるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング