ボーフム浅野、右ウイングの“一番手”浮上 先発争いで「優勢」と独メディア指摘

ドイツ1部ボーフムに移籍した日本代表FW浅野琢磨【写真:Getty Images】
ドイツ1部ボーフムに移籍した日本代表FW浅野琢磨【写真:Getty Images】

プレシーズンマッチで好プレー、ボーフムの右サイドを巡るレギュラー争いに現地注目

 6月にセルビア1部パルチザン(セルビア)からドイツ1部ボーフムに移籍した日本代表FW浅野琢磨について、ドイツメディアはボーフムで右ウイングのレギュラーポジションを掴みつつあると報じている。

 4-3-3システムを採用しているボーフムの右ウイングは、本来であれば昨季ブンデスリーガ2部で22試合出場4ゴール4アシストをマークしたMFダニー・ブルームが絶対的なレギュラーに君臨。しかし同選手は、昨季終盤に負ったふくらはぎの怪我からの復帰が予定よりも遅れ、今月に入ってようやくチーム練習に合流した。

 そのため、ドイツ紙「Reviersport」は、「ブルームの怪我によって新加入のアサノとアントウィ・アジェイが右サイドのレギュラーポジションを争っている」と、ボーフムの右サイドを巡るレギュラー争いの現状を紹介。そのうえで「もしもトーマス・ライス監督がプレシーズンマッチでの2人の印象に目を向けるのであれば、この競争はアサノが優勢だろう」と指摘している。

 浅野は7月29日に行われたフィテッセ(オランダ)とのテストマッチで途中出場。先発の座をアジェイに譲ったものの、後半21分に投入されると同31分に同点ゴールを決めて結果を残し、さらにその2日後のユトレヒト(オランダ)戦ではスタメンで起用された。

 こうした事実を踏まえ、「Reviersport」紙は「ブルームはプレシーズンマッチでプレーしておらず、8月になってようやくチーム練習に参加した。このことは、アサノがレギュラーポジションを掴むだろうということを濃厚に示唆している」とも報じている。

 現状では右ウイングの一番手の位置につけている浅野だが、チーム練習に復帰したブルームのコンディションが上がってくれば、控えに回る可能性もあるため、その地位は盤石とは言えない。ブルームが戻って来る前のシーズン序盤でどれだけ結果を残してアピールできるか。それが浅野の今季を大きく左右することになりそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  5. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  6. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  7. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  8. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛